Ramb's ear  ラムズイヤー      

rambsear.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

あれから2年・・

こんな青年がいます・・
底上げ代表の矢部寛明さん
先週の土曜日の朝日新聞でも紹介されていましたね。

震災後、支援金をいったいどこへ届けたらいいんだろう・・と
思っていた矢先、アトマンモスのお二人と繋がっていた矢部くんと
知り合うこととなった、こちらのイベント

その後昨年5月には、ラムズで講演会をして頂きました。

2年経った今でもなかなか進まない場所もある復興・・
それでも自ら被災地の為に行動を起こしている人もたくさん
一人の力は小さくとも、動けばきっと何か役に立つはず・・

一人でも多くの人に知ってもらいたく、矢部くんのフェイスブックから
お借りしました。
またほんとに微力ですが、底上げの復興支援の為の活動を
応援し続けていきます。
e0128909_242079.jpg

震災から間もなく二年。

当時僕は付き合ってる彼女と彼女のお母さんと一緒に遅めのランチをしていた。
場所は原宿。大きな揺れを感じて外にでたが、電柱がビヨンビヨン揺れてて本当に怖かった。

翌日早朝の便で宮崎に行くことになってたので大崎の知人宅にお世話になることになっていた。そこで、原宿から大崎まで歩いた。
彼女のお母さんは途中体調が悪くなり、おぶって大崎まで向かった。3時間くらい歩いただろうか。
交通機関が完全に麻痺し、帰宅難民が続出し道は大混乱だった。

僕(彼女のお母さんをおぶりながら)「もうすぐで大崎つきますよー!」

彼女のおかあさん「ひろくんありがとうね。もう少しだね」

僕「全然問題ないっす!(ぜーぜー)」

彼女のおかあさん(耳元で)「娘とひろくんが別れても仲良くしてね♡」

おいおいーーい!そうきたかーーい!(彼女と別れましたが現在でも仲良くやっています)

話がそれました。おっと。

翌日はわけも分からぬまま宮崎へ。
宮崎では一応卒業旅行ではあったが、東北が気になって気になって夜も眠れず、テレビに釘付けの毎日。

「僕にはなにができる?」

その言葉が頭から離れられなかった。
宮崎から東京に戻った翌日、当時貯めていた有り金20万円を持って銀行に走る。

20万円は僕が社会人になったときに車が必要だったのでその車検代に当てようと思っていたお金だった。
自分のために車検代として20万円を使うのか、東北のために20万円寄付するか。

僕は20万円を赤十字に振り込んだ。

その後、僕は気付く。

「あ、俺が東北に支援物資を持っていけばいいんだ・・」

僕「すいません!いま20万円振り込んだんですか返してもらえますか?」

銀行員「え?」

僕「いや、ですから、僕が今から被災地に支援物資買って持っていくのでいま振り込んだ20万円を返してもらいたいんです」

銀行員「いや、それはできません」

僕「。。。。」

僕(心の中で)「しまったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!泣」

なんてことをしちまったんだ・・
でも僕は東北にいくぞ。そんなことを思い銀行を後にした。

その頃富山の知人から「軽トラック貸すよ」というオファーがあった。

「いくしかない」

そう想い富山に向かった。

3月19日
拝啓みなさま
ご存知のとおり東北が大変なことになっています。東北は僕が大学時代にママチャリで旅行した場所。
想い出がたくさんあります、お世話になったかたが大勢います。
ぼくは確かに何もできないかもしれません。だけどできることがあるかもしれません。
微力だけど無力じゃないです。東北に向かいます。支援物資を届けます。

力を貸してください。
振込先
三井住友銀行
上福岡支店
口座番号◯◯◯◯
矢部寛明


こんなメールを僕の知人全員に送った。

「やべ!やめろ。勝手すぎる」
「新手の振込詐欺」
「今行っても迷惑になるだけ」
「いいかげんにしろ」
「原発ヤバい」

そんなことを山ほど言われた。でも僕は東北に向かった。

お金がなかった。でもいとこの佑佳のカードを使いまくって支援物資を山ほど買った。
ユニクロで20万円使った。下着を山ほど買った。女性の下着を山ほど買う機会はもうこないだろう。(ただの変態だ)

気仙沼のホテルに行った。涙の再会だった。
気がつけば手元に150万円の支援金が集まっていた。
さて、これからどうするか・・



あの時から2年。

「僕はいったい何をしてきただろう」

最近はずーっとこのことばかり考えている。
気仙沼ではNPOを立ち上げやれることは何でもやってきた。
のべ8000人のボランティアを受け入れ、Ashokaという(不思議な?)団体に出会い東北のために活動している若者のサポートをしている。

これから僕は何ができるのか?再考している。

ただいまもはっきり言えることは
多くの方が犠牲になった分まで生き抜くということだけだ。

まもなく2年。いろんな想いがよみがえる。

NPO法人底上げ HP
底上げブログ
by rambsear | 2013-03-12 03:35 | 日々の事いろいろ