Ramb's ear  ラムズイヤー      

rambsear.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

底上げJAPAN!矢部くんの講演会♪

先月朝霞はあとぴあで、アトマンモス主催にて、東北気仙沼にてボランティア活動中の
NPO法人「底上げJAPAN」代表の矢部くんの講演会がありました。

『被災地の風に吹かれて
  ~僕が見てきた現場の11か月~』

e0128909_20331711.jpg

矢部くんプロフィール


矢部寛明
1983年生まれ。現在28歳
高校時代大好きだったサッカーが怪我でできなくなる。
それを境にビリヤードに熱中し、スポレクや国体に埼玉県代表として参加。
高校卒業後、半年間アルバイト生活で貯金をし、オーストラリアへ留学。
オーストラリアクイーンズランド代表になる。一年間の滞在の末帰国。
ビリヤード場の店長として勤務。プロツアーやハウストーナメントに数多く参加。
2004年プレ埼玉国体にて準優勝。
その後大学進学を決意。勉強できるはずのない人間が平日朝6時~夜10時まで勉強、土日はアルバイトという受験生活を2年間経験。
2007年早稲田大学文化構想学部入学。
入学祝で愛知~沖縄までいとこと二人でママチャリの旅。2007年3月
漕ぎ漕ぎEvery Day (愛知→沖縄)

仲間をつくり、環境問題を難しく考えるのではなく、楽しみながら変えていく。そんな旅を企画。2008年3月
四国一周ママチャリツア


卒業後、支援活動のため、内定していたオーストラリア旅行会社社長に頭をさげ、入社時期を遅らせてもらう。
そして仙台、石巻、南三陸、気仙沼に支援物資を届ける。
大学時代、日本をママチャリで縦断した際、たまたま一泊無償で泊めていただいた気仙沼のホテルの支援活動を開始。
(当時避難所として使用されていた)

一億二千万人の三歩で日本を底上げ!を合言葉に「NPO底上げ」代表を務め、
気仙沼にて精力的に活動している。


昨年11月のラムズイヤー4周年イベントでチャリティ―のフリ―マ―ケットを
開催した時の募金先が、こちら「底上げJAPAN」でした。

講演会で初めてお会いした矢部くんでしたが、話を聞いていた通り、
矢部くんのブログから性格など想像通り!
雰囲気、話すトーン、テンポまでもが・・・驚きでした^^

まったく構えている所がなく、あっけらかんと
今東北の人たちが、必要としていることをしているだけという矢部くん・・
震災が起きてから、ママチャリで日本を回っていた時に
お世話になった気仙沼へ飛んで行ってからのことを話してくれました。
e0128909_2030046.jpg

震災直後に軽トラに集められるだけの支援物資を積んで気仙沼に入り、
それからとてつもないほどのガレキの撤去・・お母さんを亡くされた
ある高校生の女の子との出逢い・・東北で起きている現状・・
テレビやニュースではあまり伝えられない広がる格差など
もうすぐで1年が経とうとしている今、自分たちに何が出来るかを
今回のように講演活動などもしながら、被災地の事を伝えてく・・

被災地がまだまだ大変な事をけっして忘れないでほしい・・・
心のケアも必要としていることを話してくれました。

またこんな大変な現状の中にいながらも、楽しいことを見つける
矢部くんはとにかく元気で、矢部くんの行動を見るだけで
被災地の人たちはどんなに心強いだろうと話を聞いていて感じました。

何か所もある被災地で矢部くんのような人が必要だと思いますが、
一人で頑張り続ける訳にいきません・・きっと矢部くんに出逢った人は、いろんな事を
吸収して第2第3の矢部くんが生まれて引っ張っていく人が
増えていくのではないかなあと矢部くんの影響力を感じる講演会でした。

好きな言葉は「行動はメッセージ」
これからいつまでボランティアを続けられるのですかという質問に
わかりません。まったく考えていなくてとここでも
格好をつける答え方はしていませんでしたが、
後日、5月頃ラムズイヤーでも報告会を開催予定でメールでのやり取りの中、
こんなメッセージも♪

 (今回の講演会でみなさんにお会いできて良かった。
 いつも思うんです。講演会をやって一番元気になるのは自分なんです。
 この力を被災地に還元する。日々それの繰り返しかもしれません。
 僕は被災地の方が笑顔で「もおぇぇよ~!!」と言われるまで
 活動を続けようと思います。) と記されていました。

まだまだ被災地、底上げJAPANを応援し続けようと思います。

そしてこの日の続きは実はまだあって、矢部くんの母葉子さんの
子育て話がまた大変楽しく、今日は長くなってしまったので、近日中に報告、
また青木悦さん講演会の素敵なお話もブログにてお知らせいたします。

素晴らしい講演会を企画してくれたアトマンモスさんにも感謝です^^♪

長々お付き合い頂き、ありがとうございましたm(__)m
by rambsear | 2012-03-05 03:14 | お知らせ