Ramb's ear  ラムズイヤー      

rambsear.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「底上げJAPAN」へ

ラムズイヤー4周年イベントにて集まった募金は、
新聞などで知っている方もいるかもしれませんが、アトマンモスさんからの
繋がりで知ることの出来た、「底上げJAPAN」矢部さんへ振り込みをさせて
頂きましたのでご報告させて頂きます。

震災から8カ月、今も東北で支援活動を続けている、
「底上げJAPAN」代表の矢部さんへ今回みなさんの気持ちから
集まった下記の義援金をお送りさせて頂きました。

また先日Handmade+Sope&Flowermakesさんがラムズまで義援金を持ってきてくれて
一緒にということで振り込みをさせて頂きました。
e0128909_175725.jpg

ラムズイヤー4周年記念イベントにて  72550円
ラムズイヤーにて              30810円
Handmade+Sope&Flowermaksさんにて  9400円


合計  112760円を本日12月6日に振り込み致しましたm(__)m

皆さんご協力ありがとうございました。
また今回に限らず、このまま募金活動、私たちに出来る支援活動を
続けていこうと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

先ほど、すぐに矢部さんの方からお電話を頂きましたが、
どのような活動に使われているか、また現地でのお話など
今後に繋がる形で報告会など出来ればとお話を頂きました。

矢部さんのプロフィールより抜粋
e0128909_17213624.jpg

矢部寛明
1983年生まれ。現在28歳
震災直後、支援活動のため、内定していたオーストラリア旅行会社社長に頭をさげ、入社時期を遅らせてもらう。
そして仙台、石巻、南三陸、気仙沼に支援物資を届ける。
大学時代、日本をママチャリで縦断した際、たまたま一泊無償で泊めていただいた気仙沼のホテルの支援活動を開始。
(当時避難所として使用されていた)
メンバーと共に掃除、運営などを行い、ホテル営業への手助けを行う。
この様子は日本経済新聞(全国版)に取り上げられた。
その後、ボランティアコーディネーター、ボランティア宿泊施設の運営、学習支援、ひまわりプロジェクト、
復興商店、開店へのサポート、メンタルサポート、講演活動等、活動は多岐にわたる。
一億二千万人の三歩で日本を底上げ!を合言葉に「底上げJAPAN」代表を務め、気仙沼にて精力的に活動している。

経歴
高校卒業後、一年間オーストラリアへ留学
帰国後、ビリヤードのプロを目指す、埼玉国体2位
当時日本ランキング一位のプロにプロツアーで勝利
その後大学進学を決意。2年間の勉強の末早稲田大学に入学
在学中は、環境問題に関心を持ち持続可能な社会について研究する
また、環境問題を訴えママチャリで日本を縦断、数多くメディアに紹介される
2011年3月早稲田大学を卒業し現在は気仙沼にて活動中

プロィール 活動経歴のつづきはこちら
by rambsear | 2011-12-06 16:54 | お知らせ